ハボタン 
花言葉: 祝福 利益



ハボタン2013 

特徴と育て方 (裏説明のまま)

縮みが軽く、発色の早い濃い赤色の大阪丸葉系の交配種です。種まきの時期や方法によっては、大株の花壇用や小鉢の寄せ植え用、小鉢の多粒まき栽培など多彩に利用できます。
寒い地域では初夏、暖かい地域では盛夏の頃の一ヶ月が適期です。清潔な土に約5cm間隔で1粒づつまき、発芽までは日陰の涼しいところで、発芽後は日当たりのよいところで管理します。多粒まきは秋に12cmポットに直接5〜10粒まきます。
本葉3〜5枚の頃小鉢やポットに植え替えます。日当たりの良いところで乾燥気味に苗を育てます。秋風を感じる頃完熟堆肥や腐葉土などの有機質を施した日当たり水はけの良いところに、株間30cmで植えつけます。晩秋の低温に会うと発色しますが、窒素肥料が多いと発色が遅れ草姿が乱れます。

間引き1本立ち

8/18

発芽

8/4

ハボタンTOPへ

8/2

種まき

潟Tカタのタネ

瀬戸混合

7/31  49穴×3

7/27  発芽

7/24  種まき

ハボタンTOPへ

4/19

3/27

3/21

特徴と育て方 (裏説明のまま)

縮みが軽く、発色の早い濃い赤色の大阪丸葉系の交配種です。種まきの時期や方法によっては、大株の花壇用や小鉢の寄せ植え用、小鉢の多粒まき栽培など多彩に利用できます。
寒い地域では初夏、暖かい地域では盛夏の頃の一ヶ月が適期です。清潔な土に約5cm間隔で1粒づつまき、発芽までは日陰の涼しいところで、発芽後は日当たりのよいところで管理します。多粒まきは秋に12cmポットに直接5〜10粒まきます。
本葉3〜5枚の頃小鉢やポットに植え替えます。日当たりの良いところで乾燥気味に苗を育てます。秋風を感じる頃完熟堆肥や腐葉土などの有機質を施した日当たりと水はけの良いところに、株間30cmで植えつけます。晩秋の低温に会うと発色しますが、窒素肥料が多いと発色が遅れ草姿が乱れます。

3/23

ポット栽培とう立ち

9/13

5号ポット移植

11/20

ポットのまま地植え

12/23

1/24

15cmポットのまま栽培

3/27

気温が高くなり抽苔

4/6

雪の華の花

1/8

雪の華

11/25

紅の華

11/25

10/16

ポットに移植

11/5

10/11

9/18

種まき

潟Tカタのタネ




ハボタン 2007



ハボタン 2009



ハボタン 2012

紅の華

特性 (裏説明のまま)

縮が少なく、小形の大阪丸葉系の一代交配種です。小鉢で育てるとコンパクトになる品種です。種まきの時期や方法によっては、切り花用としても楽しめます。寄せ植えでも存在感のある草姿です。
たねまきは寒い地域では初夏、暖かい地域では盛夏頃の約1ヶ月が適期です。清潔な土に約5p間隔に1粒ずつ蒔き、種がかくれるように5o程の土をかけます。発芽までは乾かさないように日影の涼しいところで、発芽後は日当たりの良いところで管理します。
本葉3〜5枚の頃小鉢やポットに植え替えます。日当たりの良いところで乾燥気味に苗を育てます。秋風を感じる頃完熟堆肥や腐葉土などの有機質を施した日当たりと水はけの良いところに、株間20pで植え付けます。晩秋の低温にあうと発色しますが、窒素肥料が多いと発色が遅れ草姿が乱れます。

ハボタンTOPへ

タキイ種苗

特性 (裏説明のまま)

天葉15cm内外の小型で、草丈70〜80cmに伸びる高性切花用葉牡丹の紅白混合種です。東京丸葉タイプの小葉で、コンパクトに仕上がります。固定種の為着色不良株が多少出ます。
種まきは7月中旬に行います。草丈高くするには遅くとも7月下旬までに蒔いてください。
種まき後15〜20日の本葉2〜3枚程度で15×15cmに定植します。植え付けに際しては、株が倒れないように。マタ、茎がまっすぐに伸びるように株元をしっかり押さえます。肥料が効きすぎるときれいに着色しないので特に後半の追肥は避けてください。

家庭花壇トップページへ

2007年    2009年
2012年    2013年


ハボタンTOPへ

潟Tカタのタネ

雪の華

10/25  防虫ネット

11/1

11/7  発色

潟Tカタのタネ

ハボタンTOPへ