ラークスパー
 
花言葉:信頼・軽快




ラークスパー 2006

10/1

11/1

ジャイアント インペリアル

特徴と育て方 (裏説明のまま)

千鳥が空を飛んでいる姿に花が似ているところから、千鳥草と呼ばれています。3cm前後の花が幾つにも穂状に下から上へ開花します。種に切花として使われますが、多くの分岐が出るところから、花壇にも使われます。草丈は80〜100cmにもなる高性種です。花色は青、桃、白等の混合で大輪八重咲きです。耐寒性1年草です。
発芽は15℃前後が最もよく、高温下では発芽しません。秋蒔き1年草ですが、寒地や高冷地では、春の直播きとしたほうがよいでしょう。移植を嫌うので、直播きとするか、小苗のうちに移植します。耐寒力は比較的強いのですが、霜よけしたほうが安全です。乾燥には比較的強いが、過湿には弱いので注意します。栽培は日当たりがよく排水のよいところを好みます。
花壇で栽培するとき、風で倒伏しやすいので支柱を立ててやります。バランス型の化成肥料を1u当たり40g、元肥として施し、堆肥は完熟したものを少量与えます。害虫はほとんど出ません。立枯病が発生しやすいので連作は避けます。

潟Tカタのタネ

1/12

2/5

種まき

立枯病発生 根際から腐る

家庭花壇トップページへ

2006年    2007年





ラークスパーTOPへ

5/8

5/14

5/14