泣かないで思い出よ 揺れないでこの心
   帰り道を教えてよ もうこれ以上迷わぬように

そっと青空を深めて空が降りてきたから もう一度ダンスをしましょう
   きっと幾千の言葉が生まれて消えて行った この夜を忘れないでしょう

最後だと決めたのに きりがないくちづけが悲しい
   遅すぎる出逢いでも 誰よりも愛してた 一瞬が永遠だと信じた

泣かないで情熱よ 揺れないでこの心
   帰り道を教えてよ せめてひとりで歩けるように・・・・・帰り道を教えてよ

  流れる
こんばんわ、二階の皆さん、三階の皆さんこんばんわ、一年ぶり御無沙汰しました。一年が過ぎ、歳を重ねてしまいました。そんなことを毎年の話題にする年頃?になりましたが、みなさんはどうですか。川口でのコンサートはこれからのコンサートにおいて直したいところを発見する良い機会?なので、そこのとこうまく聞いてね。

     以下真梨子さんの内心を僭越ながら推測
「今日は今年のコンサートの初日です。毎度毎度、川口でのコンサートはリハーサルの最終チェックのステージだと言い続けてきました。本当のことを言えば、そんなことはないんです。検討に検討を重ね、修正に修正を重ね、今日の本番のステージがあるんです。
何が起きるかわからないから、予防線?を張ってお客さんにある程度の覚悟?をしていただきたく。この照明を含めた舞台装置は当然ながら本番さながらのステージでイメージ通りに進行できるのか、音響、色彩、配置、移動等々を試行錯誤しながら仕上げてきました。当然パートパート仕上がりが成ったところで本番を想定した実際のステージでリハーサルを熟して、総合的にチェックして、goとなります。
その様にして不具合のあった所、不具合の考えられる事をスタッフで共有して当っても、特に皆さんには分らない所、見えない所に網の目のような電線が配されその接続点も非常に多い。その上コンピューター制御の機器も多くあらゆるもののシンクロ(同期)をとってステージの一体感を得て完成となります。ですから、会場が変わるたびにその様な事が起こり得るので、何が起きるかわからないのは川口に限った事ではありません。」

ペドロ&カプリシャス時代の楽曲をメドレーで。

  教会へ行く ~ 五番街のマリーへ ~ ジョニィへの伝言 ~ 陽かげりの街
初めからの衣装としてはちょっとゴージャスで、最後に着る衣装どうするの?と思われる位です。デビュー四十五年を迎えてアルバム「Katharsis」をリリースしました。発売日は今月の13日で、四日前です。ヘンリーさんにアルバムについて話してもらいます。

ヘンリー広瀬さん
四十五年を記念したアルバム「Katharsis」を引っ提げての今年のコンサートツアーをKatharsisの副題を付けて回ります。カタルシスは何を「語るしす」のごろ合わせではなく、ギリシャ語で浄化(抑圧・哀れ・悲劇・自己否定・心の悩み、それらの悩みから解放されること)を意味する言葉です。フロントホールで発売していますのでよろしくお願いいたします。また、四十五年の写真集も販売しています。四十五年間に撮られた写真の中からセレクトして美しい写真ばかりが載っていますのでこちらの方も。
そのアルバムの中から

  逢いにゆくよ

  カリソメ

  コバルトの海

  桃色吐息

  ごめんね

  雲母の波


     ヘンリーバンドプレイ

  追憶

  ヒ・ラ・ヒ・ラ淫ら

  勝手にしやがれ

  酒と泪と男と女

  はがゆい唇

  for you

  グランパ



ギター・・・・・・・藤井晴稔
ベース・・・・・・・小川 真司
ドラムス・・・・・・・山下 政人
パーカッション・・・・・・・マロ
キーボード・・・・・・・小松崎 爺ちゃん
サックス・・・・・・・万照
コンサートマスター・・・・・・・・宮原 恵太
プロデューサー・・・・・・・ヘンリー

  約束

     アンコール

  あなたの空を翔たい

今日は本当にありがとう。衣装を選ことは難しいから、今度会うときは変わっているかもね。一部でゴージャスな衣装を着てしまったのですが、これも負けないぐらいな衣装なのよ、本当に。この歳になっても死ぬまで歌い続けるつもり、でもいつ死ぬかはわからないからそれまで頑張って。二十歳代から七十歳以上の方、近くから、また遠くから来ていただいた方、私のために時間を作ってくれて感謝。最後に私からのお願い。
アルバムが売れないと生活が出来ない?ので、わかってくださる方よろしくね。

  アナタの横顔

  海色の風 ~君住む場所へ~

表通りを見下ろす窓もあれば 裏通りを見つめる窓もあるわ
   私が今まで暮らしてきたこの部屋 見えたのはいつも裏窓

あなたがいた 暗い眼をしたあなたがいた  抱かれた時安いタバコの匂いがした
   ダウンタウンベイビー ダウンタウンベイビー 
       私は裏街のあなたを見ていた あなたは裏窓の私を見ていた・・・・・裏窓

  Silent Love

  ごめんね
・・・・・1996日本テレビ系列「火曜サスペンス劇場」
こんばんわ 二階、三階の皆さんこんばんわたくさんの声援に囲まれとてもうれしく感謝しています。皆さんの応援があるからこそ私もこうして歌い続ける気力が湧いてきます。宇都宮のコンサートは何年ぶりかしらね、お待たせしました。最後まで楽しんで帰っていただけるととてもうれしい。
それにしても宇都宮、風が強かったですね、小柄の私、飛んでしまうかと思いました。聞いていただきました「ごめんね」、ドラマの主題歌に採用され、ヒットした曲の一つです。「ドラマ映画主題歌集」のCDリリースしましたが、その中に収録しています。次にその収録曲の中から、三曲聞いてください。

  黄昏人・・・・・1986映画「化身」主題歌

  幸せのかたち・・・・・2000日本テレビ系列「火曜サスペンス劇場」

  君の海に・・・・・1996NHK金曜時代劇「天晴れ夜十郎」
大きな掛け声かけて頂き心強い限りです。声から言って若い方と想像しますが、私にもそういうファンがいてくれるのよね。これまでに歌った君の海にをはじめ幸せのかたち、ごめんね、Silent Loveは私が作詞をした楽曲ですが、自分が歌う曲ですので、時間が許す限り作詞をしていきたいと思います。ですが、他の歌手には分らないところもあって楽曲は提供しないことにしています。
次はペドロ&カプリシャス時代の2曲、カバーアルバムから2曲、聞いてください。

  ジョニィへの伝言

  五番街のマリーへ

  夢の途中

  ワイレットの心

ヘンリー広瀬
カバーアルバムのオリジナル曲の井上陽水さん、玉置浩二さん、シンガーソングライターらしく声質に合った楽曲ですね。髙橋真梨子さんの歌はどうでしたか?来年は真梨子さんデビュー45年を迎えるのでCD企画を考えているところです。選曲もある程度固まってきているし、発売時期も煮詰まっています。その中にカバー曲も収録し、the besut アルバムになる予定です。
それから今年のコンサートを収録したTV画像を年明けに放映することが決まりました。媒体はwowowですが、有料媒体なので加入者のみの視聴ですが、よかったら今日の雰囲気を改めて感じて頂けたらと思います。

  アナタの横顔

  そばにきて


     ヘンリーバンドプレイ

  オレンジ

  ハッピーエンドは金庫の中

  ラストメール

  桃色吐息

  無伴奏

  はがゆい唇

  フレンズ


ヘンリーバンド紹介します

ギター・・・・・・・藤井晴稔
ベース・・・・・・・小川 真司
ドラムス・・・・・・・山下 政人
パーカッション・・・・・・・マロ
キーボード・・・・・・・小松崎 爺ちゃん
サックス・・・・・・・万照
コンサートマスター・・・・・・・・宮原 恵太
プロデューサー・・・・・・・ヘンリー

万照さんのマジックは イイネ。今日は皆さんに会えて嬉しかったです。ありがとう。

  ありがとう


     アンコール


  for you

  グランパ


スタンドして、手拍子、盛り上げてくれてありがとう。私皆さんに元気もらいました。まだ少しコンサート日程が残っていますが、最後まで元気でこなす事が出来ます。又何れかお会いできることを楽しみにしています。皆さんもお元気でお過ごしくださいね。

  ランナー

スカイブルーのパステルカラー、ノースリーブのロングドレス。上着にレースを全体に重ねたエレガントな衣装で登場しました。階段のセットを降りるときは足元が良く見えないらしく、慎重でしたね。その為かハイヒールではなく、厚底のサンダル状の履物でした。
後半の衣装は黒の襟を強調したトップス、同色のロングドレスでシックにまとめていました。アンコールのお色直しは白か薄紅色のノースリーブのロングドレス、スカートの縦に三分の一ほどにファーをあしらった豪華なパーティドレスで締めました。女性のコンサートはこのような衣装の着替えも男女共興味がありますが、特に女性には楽しみだと思います。
コンサートラスト曲「ランナー」は私が最も欲する曲で、曲の最後を真梨子さんと一緒に歌うことでコンサートの余韻が残る一曲です。

生きて 生きてゆきましょう  あなた あなたのそばで  
   生きて 生きてゆきましょう   あなたのそばで・・・・・・

表通りを見下ろす窓もあれば 裏通りを見つめる窓もあるわ
   私が今まで暮らしてきたこの部屋 見えたのはいつも裏窓

あなたがいた 暗い眼をしたあなたがいた  抱かれた時安いタバコの匂いがした
   ダウンタウンベイビー ダウンタウンベイビー 
       私は裏街のあなたを見ていた あなたは裏窓の私を見ていた・・・・・裏窓

  Silent Love

  ごめんね


皆さんこんばんわ、二階、三階のみなさんこんばんわ。お元気でしたか。私は去年の暮れから今年、結構仕事をしましたね。テレビの取材やなにやらで、本当はおしゃべり番組は敬遠したいのですが、会社が全部悪いんです。リハーサルなどで忙しい時期なのにね。でも全部こなしましたので、皆さん見てもらえましたか?
今日は今年のコンサート初日です、楽しんで下さい。三曲聞いていただきましたが、初めの曲はスローで難しい曲なので、緊張します。いままでに多くの歌がドラマの主題歌に採用され、それによってヒットした歌もありました。5月にそれらの曲を集めた新しいアルバム「Dramatic~ドラマ・映画主題歌集~」をリリースしました。そのアルバム収録曲の中から三曲聞いてください。

  蜃気楼・・・・・1986フジテレビ系列「夏樹静子サスペンス」

  幸せのかたち・・・・・2000日本テレビ系列「火曜サスペンス」

  君の海に・・・・・1996NHK金曜時代劇「天晴れ夜十郎」

ペドロ&カプリシャスに参加して6年、あのころは私も24歳で若かったのよね。あの頃に戻れたら、今の私がいるのかはわからないのですが、戻れないから今の私があるのよね。そのころのの曲を聴いてください。

  ジョニィへの伝言

  五番街のマリーへ

  夢の途中

  ワインレットの心

ありがとうございました。ヘンリーさんから一言、何か言いたいと言うので聞いてあげてね。

ヘンリー広瀬
今年もこの川口でコンサートがスタートします。初日という事で、各地から来ていただいてるようで大変ありがたく思っております。例年コンサートの度に年齢の話をお客さんと掛け合わせながら、真梨子さん&ヘンリーバンドメンバーの自虐的?ではないけれど話題を振っていましたが、今年からはその話は封印しようと思っていますが、成り行きでどこまでその思いが果たせるやら。
コンサート中心で活動しようと覚悟は決めたんですが、取材番組、音楽番組など、いろいろな仕事が入り結構忙しかったです。
HKのSONGSの収録などもありました。又先の話になるのですが、今暇を見つけたキャチボールの練習をしています。八月二日、広島のマツダスタジアム広島市民球場で公式戦の始球式をすることになりました。私ではなくて、髙橋真梨子さんです。真梨子さんが広島県の出身でその御縁で声をかけて頂いたのだろうと思います。そっちの方ももちろん「全力投球」
話がコンサートから離れましたが、もちろん活動の中心はコンサートで、皆様にお会いすることを楽しみに今年も頑張りますのでよろしくお願いいたします。

  アナタの横顔

  そばにきて


     ヘンリーバンドプレイ

  オレンジ

  ハッピーエンドは金庫の中

  ラストメール

  桃色吐息

  無伴奏

  はがゆい唇

  フレンズ

みなさんありがとうございます。二階、三階の皆さんも、そして遠くからお出で頂いた方ありがとうございます。
ヘンリーバンドメンバー紹介します。

ギター・・・・・・・藤井晴稔
ベース・・・・・・・小川 真司
ドラムス・・・・・・・山下 政人
パーカッション・・・・・・・マロ
キーボード・・・・・・・小松崎 爺ちゃん
サックス・・・・・・・万照
コンサートマスター・・・・・・・・宮原 恵太
プロデューサー・・・・・・・ヘンリー

いつまでこのコンサートを続けられるかわかりませんが、時々を大切にして、これからも皆さんに会える事に感謝、感謝の言葉の他はありません。

  ありがとう

     アンコール

  for you

  グランパ

年に合わない衣装で現れてごめんなさいね。皆さんも私と同じくらいの年齢方多いでしょう、外見から気持ちの持ちようが変わることもありますから、頑張りましょう。ここまで頑張ることもないけれどもね。今日は本当にありがとうございました。また会える事を楽しみにしています。

  ランナー 


真梨子さんがスローで難しい曲といっていた裏窓は濱田金吾(浜田金吾)さんの楽曲。濱田さんの楽曲でよく歌われる曲は他に涙もろいペギーがある。
ヘンリーバンドプレイは万照さんが小松崎爺を呼び込んでコミックバンドよろしくの演奏。ストローのお化けのようなパイプの長短で音階を作る様な楽器?で、色分けされてドレミファソラシド。桃色吐息~水戸黄門のテーマ。それを繰り返しながら笑いを誘う演出であった。モーツアルトのトルコ行進曲を始めたのですが、初めは何となくぎこちない演奏。途中からフルメンバーでの演奏となり、曲の中抜き?はありましたが無事ラストのメロディまで奏でられました。
水戸黄門のテーマ曲が選ばれたのは、小松崎さんの故郷が茨城県土浦市であった事にあるのでしょう。しかし残念?ながら黄門様(徳川光圀)は水戸藩であり、小松崎さんの土浦藩とは縁がない。後に藩主同志は血縁関係になるのですが。
コミックで始まったトルコ行進曲であったが、なんと見事に演奏し切ったのである。
フレンズの本歌詞は「修羅の如く生きた 青春の抜け殻」というものであった。修羅という文言が、畜生・餓鬼・地獄と続く激しさ?を連想させ誰でもが歌えるような歌詞に変えたと言う話によると真梨子さんの母はこの本歌の歌詞がとても気にいっていて、変えたことを大変残念がったと。そのお母さんの年齢に真梨子さんも来年?到達する。
 

最後のデートの予感がした それでも逢うのが楽しみだった
     食事もできず お酒も飲めず 笑顔をふりまいた  woo

“ごめんと"小さく小聞こえた時 思わず頬張る山盛りサラダ
     あおるワインの ほろにがい味させちゃいけないね

大好き 貴方のやさしいさよなら もうちょっと もうちょっと見つめていてね

ありがとう いつも微笑んでくれて それだけでいいよ
    涙がこぼれたって 心はとてもいい感じなの
        しばらくは恋はしない・・・・・もうちょっと見つめて

  遥かな人へ

  五番街のマリーへ

  死ぬまで一緒に

  Mr.サマータイム

  襟裳岬

  My Heart New York City

  ごめんね

  はがゆい唇

  Old Time Jazz

  Everytime I Feel Your Heart



     ヘンリーバンドプレイ


  君に会いたい

  メロンの気持ち

  時の過ぎゆくままに

  Heart Breaker ~波紋の渦~

  フレンズ

  グランパ

  for you・・・



     アンコール


  桃色吐息

  アナタの横顔

  海色の風 ~君住む場所へ
 


アンコールラスト曲「海色の風 ~君住む場所へ~」は香港公演の時に披露された楽曲であると言う。スケールの大きい、何か訴えかけているその詞は真梨子さんによるもの。伝聞によると、真梨子さんが重度の更年期障害?で体調を崩していた時、ヘンリーさんの献身的な愛に支えられ救われた事を感謝をこめて歌に綴ったと云う。たぶん本当の事だと思います。
私が先入観も無く感じたままを言うと、一分近い長い前奏がこれから歌う詞の雄大さ、重厚さを感じさせる。四拍子で音階を刻むそのイメージは鎮魂の鐘を連想させ、赤道走る風は海に散った魂に揺れ動いてる。君が言っていた真実、過去の罪を許されるならばその大空に向かって愛を歌い続けたい。そう、君住む場所へ向かって。
そして、総ての人々をのせて地球は回っている。
年末恒例の「紅白歌合戦」、真梨子さんに歌ってもらいたい曲のベストソングです。





コンサートツアー2016
 
東京国際フォーラム ~infini~

11月19日

およばぬこととあきらめました だけど恋しいあの人よ 
ままになるならいま一度 一目だけでも会いたいの

    別れた人を思えばかなし 呼んでみたとて遠い空  
    雨に打たれて咲いている 花がわたしの恋かしら

        はかない夢にすぎないけれど 忘れられないあの人よ  
        窓に涙のセレーナーデ 一人泣くのよむせぶのよ・・・・・雨に咲く花

  黄昏のビギン

  旅の宿

  五番街のマリーへ

  桃色吐息

  ブルースを聞かせて

  Sincerely

  涙もろいペギー

  Stardust

  Pocketful of Rainbow

  素足のボレロ



    Henly Band Show

  お熱いのがお好きでしょ   Bang! Bang!


  GLORIA

  虹の水

  Painter ~アグリジェントの戻りたい

  目を見て語れ恋人たちよ

  はがゆい唇

  for you

  グランパ



     アンコール


  ごめんね

  アナタの横顔

  酒と泪と男と女

  家に帰ろう



落ちついた感じのダークレット、Aシルエットのエレガントロングドレスで登場。懐かしのクラ・シックの三曲。黄昏のビギン、見事に歌い上げていたが、発音はやはり西日本発音のままであった。ですが、真梨子さんは鼻濁音が発声できないのではなく、多くの歌では発声できている。ただし、私の方が間違っているのかも知れません。「たそがれ」の発声は、「が」は私の発声では鼻濁音でないと違和感がありますが、濁音が正常としている人もいると思います。
最近の歌手はこの使い分けが出来なく鼻濁音をわざと濁音にして歌うことがかっこいい?のかも。演歌歌手はこの使い分けが出来ていて、出身地に関係なく、見事に発音されていることは確かな事でもある。
後半の衣装は黒を基調としたスリークオータースリーブにスパンコール散りばめたトップスと、白黒の乱形市松模様のパンタロンパンツ。足元が見えない位の長い丈なので、普通のハイヒールでは危ないから、底が厚いプラットフォーム型のサンダル?バックライトのシルエットは脚長でスタイル抜群です。
スターダストはリフレインで語りがあるが省略。コーラス部分の前半をヘンリーさんのクラリネット、真梨子さんのソプラノ・万照さんと小松崎さんのアルトサックのインスツルメント、グレンミラーサウンドで、後半を真梨子さんのボーカルで、演奏時間は短くあっという間でしたが満足。
アンコールの衣装はウエディング、真梨子さんはいろいろと言い訳をしていたが、会場の皆さんは大拍手。





コンサートツアー2015
 
東京国際フォーラム ~clachic~

11月1日

およばぬこととあきらめました だけど恋しいあの人よ 
ままになるならいま一度 一目だけでも会いたいの

    別れた人を思えばかなし 呼んでみたとて遠い空  
    雨に打たれて咲いている 花がわたしの恋かしら

        はかない夢にすぎないけれど 忘れられないあの人よ  
        窓に涙のセレーナーデ 一人泣くのよむせぶのよ・・・・・雨に咲く花

  黄昏のビギン

  旅の宿

皆さんこんばんわ お元気でしたか? 二階の皆さん三階の皆さん、ファンクラブの皆さんも。今年も始まりました。初日は何時も緊張して迎えていますが、みなさんとこうして会える事が出来て感謝しています。年を重ね日々大変に思うこともありますが、なんでやっているのか?歌がが好きだから。
うして皆さんとお会いすることで、皆さんからエネルギーを頂きたい、重ね重ね感謝の思いです。
カバーアルバム「clachic~クラシック~」を五月に出しました。昔から歌い続けられてきた曲を収録しています。その中から三曲聞いていただきました。次に聴いていただくのはわたしのスタンダード曲皆さんには聞きなれた楽曲です。

  五番街のマリーへ

  桃色吐息

今日コンサートの初日ですので私もなんですけど、皆さん静かに聞いてくれてますね。緊張している?何が起きるかわからないから、当然だと思います。で、ここで今日は奥に陣取っているヘンリーさんにバトンタッチするわね。
年々歳を取ると後ろの方に追いやられるようで寂しい限りです。今年も初日を迎える事が出来ました。最後まで続けていけるよう頑張らなければとメンバー一同思っているところです。真梨子さんもTV番組などで若い人と混じって出させていただいていますが、今の子は凄いなと思います。堂々として自分の見識や見た時の感想などを言えています。ですが、私たちにも若い時があったと改めて思い起こす事が出来ました。
今年リリースしたアルバム「clachic」は、今どきの楽曲がシルバー世代にとっては言葉運びが早すぎて、追いつかない。そこでそんな世代の皆さんに歴史を重ねてきた髙橋真梨子が歌う曲で、もう一度若い頃に思いを馳せて頂けるようにと創りました。髙橋真梨子の若かりし十代の時にいみじくも歌っていた楽曲がアルバムには散りばめられています。真梨子さんはいつも押しつけがましく「買ってくれ」とは言わないのですが、今回は「買って欲しい」と熱望していますので僕からもよろしくお願いします。

  ブルースを聞かせて

  Sincerely

  涙もろいペギー

  スターダスト

  Pocketful of Rainbow

  素足のボレロ


    ヘンリーバンドプレイ

MC 野々田万照
今年は四十五回の公演があります。ヘンリーバンド今年の平均年齢、去年より一つ上がって56.***才。餅をのどに詰まらせる危険のあるメンバーもいることで無事乗り越えられるのかと心配していましたが、八人の侍そろう事が出来ました。
ヘンリーバンド今年もシングルCD出しました。clachicがらみの前後して流行ったムード歌謡皆さん知ってますよね。作曲は私・万照で、作詞はなかにし礼さんで、お題は「お熱いのがお好きでしょ」なんとなんと、13曲のムード歌謡の中から抽出した文言を繋いだ「良い所取り」作品となっています。元歌を何曲当てる事が出来ますか?まずは聴いてください。

  お熱いのがお好きでしょ   Bang! Bang!  by Henly Band

  GLORIA

  虹の水

  Painter ~アグリジェントに戻りたい

  目を見て語れ恋人たちよ

  はがゆい唇

  for you

  グランパ


     アンコール

  ごめんね

  アナタの横顔

今日は私のコンサートにおいでいただき本当にありがとうございました。ここまでなんとなく無事に来られました。まだ少し残っていますけどね。
これから11月から12月のディナーショーまで体調に気をつけて頑張っていきます。またの機会に皆さんとお会いすることを楽しみにしています。ヘンリーバンドメンバー紹介します

ギター・・・・・・・藤井晴稔
ベース・・・・・・・小川 真司
ドラムス・・・・・・・山下 政人
パーカッション・・・・・・・北沢 マロ
キーボード・・・・・・・小松崎 爺 (ジジイからジイに昇格or降格?)
サックス・・・・・・・野々田 万照
コンサートマスター・・・・・・・・宮原 恵太
プロデューサー・・・・・・・ヘンリー 広瀬

  酒と泪と男と女

  家に帰ろう



スタート曲「雨に咲く花」は昭和初期に発表された歌を井上ひろしさんがリバイバルヒットした歌。温和な顔をした優しげなお兄さんの印象がある。その頃は地方の田舎ではどの家庭にもTVが普及していたのではなく、その印象を持っていたのが不思議なくらい。同時代のマヒナスターズの印象も持っているので安価なソノシートの写真であったのかも。ただ不思議なことに全く忘れていた(意識がない)歌詞が甦るのは不思議なものである。会場ではクチパクで歌っていたが、違和感があった、で、後でわかった事は、井上さんの歌と歌詞が異なっていた。
二曲目の「黄昏のビギン」真梨子さん音程をとるのに努力している感も見え、次聴いてみたい。また、真梨子さんは九州で育ったからか、曲によっては鼻濁音の発音が濁音に聞こえるところもある。
コンサートとは関係ないが、当時の事として思い出されるのは、「石炭産業・黒い花びら・ダッコちゃん」の黒のブーム。金の卵の「集団就職中学卒業生」。ある経済評論家が金の卵は高校生の事と勘違いしているのを聞いたことがある。日給は当時の為替レートと同じくらいの360円で、月一万円に満たない時代の事である。今日では最低賃金約時給900円、当時の時給45円、長い人生でもないが、歩んできた。

ところで、ヘンリーバンドの「お熱いのがお好きでしょ」ムード歌謡13曲の中からセレクト。
その13曲を探してみた。その歌詞太字部分

雨の赤坂・・・ (雨の赤坂・三原綱木)
一ツ木通り ここでさよならするわするわ・・・ (別れても好きな人・ロスインディオス&シルビア) 
別れても好きな人・・・ (別れても好きな人・ロスインディオス&シルビア))
七色の虹が消えてしまったの・・・ (ラブユー東京・黒沢明とロスプリモス)) 
たそがれの銀座 並木通り・・・ (たそがれの銀座・黒沢明とロスプリモス))
私祈ってます・・・ (私祈ってます・敏いとうとハッピー&ブルー) 
星降る街角で・・・ (星降る街角・敏いとうとハッピー&ブルー)
それぞれの原宿・・・ (それぞれの原宿・ロスインディオス&シルビア) 
デルコラソン・・・ (コモエスタ赤坂・ロスインディオス)
貴男も貴女もお熱いのがお好きでしょ

雨の札幌・・・(北から南から・島津ゆたか)
ふりむかないで・・・ (ふりむかないで・ハニーナイツ) 
足手まといだから・・・ (足手まとい・森雄二とサザンクロス) 
離れてゆきます
よせばいいのに・・・ (よせばいいのに・敏いとうとハッピー&ブルー) 
知り過ぎたのね・・・ (知りすぎたのね・ロスインディオス) 
酔いしれていたいのよ・・・ (コモエスタ赤坂・ロスインディオス) 
コモエスタセニョリータ・・・ (ココエスタ赤坂・ロスインディオス)
北国の街は冷たく遠い・・・ (小樽の人よ・鶴岡雅義と東京ロマンチカ) 
シャボン玉のような・・・ (ラブユー東京・黒沢明とロスプリモス)) 
小樽の人よ・・・ (小樽の人よ・鶴岡雅義と東京ロマンチカ)
貴男も貴男もお熱いのがお好きでしょ

私祈ってます 星降る街角で それぞれの原宿 デルコラソン
貴男も貴女もお熱いのがお好きでしょ
貴男も貴女もお熱いのがお好きでしょ



雨の赤坂  別れても好きな人  ラブユー東京  たそがれの銀座  私祈ってます  星降る街角  それぞれの赤坂
コモエスタ赤坂  ふりむかないで  足手まとい  北から南から  よせばいいのに  知りすぎたのね  小樽の人よ    

正解か否かは分からない

離れてゆきますの曲名が分らない。
離れてゆきますが別れてゆきますであったなら、「足手まといだから別れてゆきます」(足手まとい・森雄二とサザンクロス)
で正解かも。

pm7時30分開演予告ブザーが鳴り、7時36分消灯され2014年のコンサートが開始された。
グレンミラーオーケストラのオープニング定番曲がヘンリーバンドによるインスツルメンタルでながれた。
スローテンポに編曲された楽曲はブラスの少ないことを補ない、スイングの高揚も抑えてやさしく響いた。

  ムーンライト セレナーデ

  ベランダに日は落ちて トパーズに染まる街  もうあなたいいのよ 気にしないで私なら
      コーヒーはコロンビア ゆらゆらと琥珀色  そう幸せだった日々が見える
          もっとあなたのことを わかってあげれば  こんな苦いさよなら 知らずにいたのに
               You're so far away・・・・・・・・You're so far away

  軌道

  恋する瞳


みなさんこんばんは

雨の続いています中、今日は貴重な時間をさいて私のコンサートに来て下さりありがとうございます。皆さん気づいちゃったわよね、二曲目ちょっと間違えちゃった。一節早かったんです、打ち合わせしたんだけれど、ごめんね。いつものことだけど、川口なんですものね、本番リハーサルで川口のお客さんは優しいのでありがたいです。今もドキドキしている、間違えないようにしようとしているとなおさらかまえてしまうのかしら。
今年もコンサートツアーが始まりました。11月までの全国ツアーで、皆さんに会えることを楽しみに最後まで頑張っていきたいと思っていますので、皆さんも今日の一夜を楽しんでくださいね。
次の曲は歌いなれている曲なので間違える事は無いと思うのですが、聞いてください。

  ジョニーへの伝言~五番街のマリーへ~別れの朝

  はがゆい唇
なつかしい曲を聞いていただきました。久しぶりにアルバムを出しました。6月4日発売されましたので、今日はたくさん会場に持ち込んでいます。買ってくださった方もいらっしゃると思いますが、まだの方はよろしくね。
次の聞いていただく歌は愛のアクセルと題した曲です。この曲はこの冬のソチオリンピック競技のフィギアに起因する題材で、難易度の高いトリプルアクセルのアクセルです。皆さんもご覧になったと思いますが、ショートプログラムにおける浅田真央さんの演技でね、気落ちした方もいらっしゃったのではないでしょうか。ところがその後の完璧なフリーの演技を見てアスリートのメンタルの強さを感じ、それまで出来上がりつつあった楽曲をより良い楽曲にレベルアップして作り上げましたので聞いてください。

  愛のAxel

  Romantic Puzzle

  出逢いに帰らせて

  涙の街角

  漂流者へ

ヘンリーバンドの広報担当野々田万照です。今日は見ての通り上から下までまっかっか。今回も2014年コンサートは岩谷産業さんの協賛をいただいていますので、Iwataniの色に合せまっかっか。岩谷産業さんは一般にはガス器具のイメージをおもちと思いますが、天然水や化粧品も作っているんです。保水化粧水はみずみずしいお肌になること間違いなし、使ってみて、万照は使っていますよ。
去年に続いて今年もCD出しました。
イトルは「ZETTAI」、団塊世代への贈り物です。歌とともに振り付けも入れてみました、簡単な振り付けなのでみなさんも一緒に覚えてください。一コーラスに二回の繰り返しで三コーラスまでの合計六回のアクションになります。では行ってみよう!


    ヘンリーバンド ZETTAI

  ノンフィクション

  Soy cantante

  浪漫詩人

  DJがいつもかけるうた

  桃色吐息

  グランパ

  for you

     アンコール

  遥かな人へ

  アナタの横顔

ありがとうございます。この衣装本当に重いです。でもね、アンコールの出だしに遅れたのは重いせいではなく、耳に付けるモニターがうまくいかなくて
ヘンリーバンドメンバー紹介します。


ギター・・・・・・・藤井晴稔
ベース・・・・・・・小川 真司
ドラムス・・・・・・・山下 政人
パーカッション・・・・・・・北沢 マロ
キーボード・・・・・・・小松崎 純
サックス・・・・・・・野々田 万照
コンサートマスター・・・・・・・・宮原 恵太
プロデューサー・・・・・・・ヘンリー 広瀬

  ごめんね

  Far away


今年も全国で約40回のコンサートを予定しているそうだ。
平均年齢も年とともに上昇しヘンリーバンドアトラクションも省体力となりつつある。真梨子さんの衣装は黒に近い濃紺で玉虫色に変化するミニフレアーでスパンコールがきらきら。前の席からは久しぶりで、顔の表情も そして生声が聞こえてきそう。
少し気になったのは、上半身に比べて下半身が細弱に見て取れること。摂生で維持しているのでしょうが、年40回余のコンサートを乗り切ってもらいたい。今まで私としては、あと何回真梨子さんのコンサートを聴きに行けるのだろうかとの思いもありましたが、今回、私の前から真梨子さんの方がいなくなることがあり得るのではないかとの思いがよぎった。コンサートの終了とともに思わず声をかけてしまった 「真梨子 元気でな」退場しながら舞台に背を向けつぶやいた 「また会おうな」




髙橋真梨子その2

ページトップへ

ページトップへ

ページトップへ





コンサートツアー 2015
 
川口総合文化センター ~clachic~

5月31日






コンサートツアー2019
 
川口総合文化センター

ClaChic  ClassicとChicの造語?

コンサートへ

高橋真梨子その1へ

泣かないで思い出よ 揺れないでこの心
   帰り道を教えてよ もうこれ以上迷わぬように

そっと青空を深めて空が降りてきたから もう一度ダンスをしましょう
   きっと幾千の言葉が生まれて消えて行った この夜を忘れないでしょう

最後だと決めたのに きりがないくちづけが悲しい
   遅すぎる出逢いでも 誰よりも愛してた 一瞬が永遠だと信じた

泣かないで情熱よ 揺れないでこの心
   帰り道を教えてよ せめてひとりで歩けるように・・・・・帰り道を教えてよ

  流れる

ペドロ&カプリシャス時代の楽曲をメドレーで。

  教会へ行く ~ 五番街のマリーへ ~ ジョニィへの伝言 ~ 陽かげりの街

  逢いにゆくよ

  カリソメ

  コバルトの海

  桃色吐息

  ごめんね

  雲母の波


     ヘンリーバンドプレイ

  追憶

  ヒ・ラ・ヒ・ラ淫ら

  勝手にしやがれ

  酒と泪と男と女

  はがゆい唇

  for you

  グランパ


ギター・・・・・・・藤井晴稔
ベース・・・・・・・小川 真司
ドラムス・・・・・・・山下 政人
パーカッション・・・・・・・マロ
キーボード・・・・・・・小松崎 爺ちゃん
サックス・・・・・・・万照
コンサートマスター・・・・・・・・宮原 恵太
プロデューサー・・・・・・・ヘンリー

  約束

     アンコール

  あなたの空を翔たい

  アナタの横顔

  海色の風 ~君住む場所へ~

ページトップへ





コンサートツアー2014
 
川口総合文化センター  Adultica

ページトップへ

ツアー2017 プレリュードディスクより

セットリスト

川口総合文化センター 2014    
東京国際フォーラム 2014

川口総合文化センター 2015
東京国際フォーラム 2015

川口総合文化センター 2016
東京国際フォーラム 2016

川口総合文化センター 2017
宇都宮文化会館 2017

川口総合文化センター 2018
東京国際フォーラム 2018

川口総合文化センター 2019







コンサートツアー 2018 
東京国際フォーラム ~Katharsis~

11月25日

ページトップへ





コンサートツアー2018 
川口総合文化センター ~Katharsis~

6月17日





コンサートツアー 2017
 

宇都宮総合文化センター ~PRELUUDE~

ページトップへ





コンサートツアー2017 
川口総合文化センター ~PRELUDE~

6月4日

最後のデートの予感がした それでも逢うのが楽しみだった
     食事もできず お酒も飲めず 笑顔をふりまいた  woo

“ごめんと"小さく小聞こえた時 思わず頬張る山盛りサラダ
     あおるワインの ほろにがい味させちゃいけないね

大好き 貴方のやさしいさよなら もうちょっと もうちょっと見つめていてね

ありがとう いつも微笑んでくれて それだけでいいよ
    涙がこぼれたって 心はとてもいい感じなの
        しばらくは恋はしない・・・・・もうちょっと見つめて

  遥かな人へ

  五番街のマリーへ

  死ぬまで一緒に

  Mr.サマータイム

  襟裳岬

  流れる

  はがゆい唇

  ごめんね

  Old Time Jazz

  Everytime I Feel Your Heart


     ヘンリーバンドプレイ

  君に会いたい

  メロンの気持ち

  時の過ぎゆくままに

  Heart Breaker ~波紋の渦~

  フレンズ

  グランパ

  for you
・・・


     アンコール


  桃色吐息

  アナタの横顔

  海色の風 ~君住む場所へ 





コンサートツアー2016

川口総合文化センター ~infini~

6月5日

ページトップへ

ページトップへ





コンサートツアー 2014
 
東京国際フォーラム Adultica

ツアー2015 クラシックディスクより

ホールA

ページトップへ

セット・リスト

御祝

Adultica CD

川口リリア

大所帯のコンサートツアー

  ムーンライト セレナーデ

ベランダに日は落ちて トパーズに染まる街
  もうあなたいいのよ 気にしないで私なら
コーヒーはコロンビア ゆらゆらと琥珀色  
  そう幸せだった日々が見える
もっとあなたのことを わかってあげれば  
  こんな苦いさよなら 知らずにいたのに
    You're so far away・・・・・・・・You're so far away

  軌道

  恋する瞳

みなさんこんばんは~
東京フォーラムにようやくたどり着きました と言うより帰ってきましたと言った方がいいのかな。二階席の方いつもいつも遠くからの挨拶になってしまいまして申し訳ない気持ちです。席は抽選やら申し込みのサイトにより希望がかなえられませんし、一般優先席もありませんのでね。しかも皆さん同じお金なので余計にそう思えてきます。ですから私、心を込めて歌わせていただきますので、今日はたのしんでくださいね。


  ジョニーへの伝言~五番街のマリーへ~別れの朝~はがゆい唇
皆さんも知っている懐かしい歌をメドレーで聞いていただきました。


  愛のAxel

  Romantic Puzzle

  出逢いに帰らせて

  涙の街角

  漂流者へ


    ヘンリーバンド ZETTAI

  ノンフィクション

  Soy cantante

  浪漫詩人

  DJがいつもかけるうた

  桃色吐息

  グランパ

  for you

     アンコール

  遥かな人へ

  アナタの横顔


ギター・・・・・・・藤井晴稔
ベース・・・・・・・小川 真司
ドラムス・・・・・・・山下 政人
パーカッション・・・・・・・北沢 マロ
キーボード・・・・・・・小松崎 純
サックス・・・・・・・野々田 万照
コンサートマスター・・・・・・・・宮原 恵太
プロデューサー・・・・・・・ヘンリー 広瀬

  ごめんね

  Far away

街はクリスマスイルミネーションに彩られていた